お金の役割とは?手続きすれば役所で貰えるお金について

 

そもそもお金の役割は何か?

お金が存在しなかった大昔はどうやって欲しいものを手に入れていたとおもいますか?
まだそこまで文化が発達していなかった頃は物々交換をしていました。簡単に言えば、海の近くに住んでる人が海の物を、山の近くに住んでいた人が山の物を交換するのですが、物々交換は大変で効率が悪いです。

大昔は冷蔵庫もなく、運搬するのにも困りますよね。

 

お金物々交換文化

 

あと、欲しいものを持った人が自分の持っているものを欲しくなかった場合も困ります。
このことから人類は仲立ちをして交換する文化を作りました。

日本では大昔、貝殻がお金の代わりとして使われていたとの情報もあります。
お肉を買いたい人が貝殻と交換し、その貝殻を受け取った人が魚を貝殻で受け取る。

お金の役目とは交換の手段です。

物の値段を物々交換から別の物に置き換えて取引すると、
魚1匹は貝殻1個、お肉だと貝殻3枚などと物の価値が決まります。

お金の役目とは価格の尺度です。

物々交換と比べ貝殻は腐りません。お魚が必要な時まで貯めておくことができます。

お金の役目とは価格の貯蓄です。

この様にお金という存在が出来て便利になり、
経済というものが発展していくようになりました。

保存できるようになる事で収入を把握し支出とのバランス調整することが大切です。

 

お金の不安を取り除くにはどうすればいいのか?

 

皆さんはお金持ちですか?
将来のお金に対して漠然と不安ではありませんか?

将来のお金に対して漠然と不安ではありませんか?

これは、どうしてかと言いますとサラリーマンの場合、普通は所得の源泉が1つしかありません。

これは何かといいますと「給与所得」ですね。

この「給与所得」と言うのは会社に完全に依存したものになります。

つまり、会社がなくなった場合、この給与所得も無くなるのです。
もしくは、会社から一方的にリストラや減給されるかもしれません。
会社員の場合、会社から通達されると否応なく従わなければなりません。

 つまりは自分の意志とは関係ない環境に左右されてしまう職業だから不安になってしまうのです。
では、そこにもう一個ちがう所得が増えたらどうでしょう?
そこにもう一個ちがう所得が増えたらどうでしょう?

例えばFXだとか投資だとかもですし、YouTubeやブログを書くなど、何でもいいので自分で自分の情報を使ってお金を稼ぐという事をすればこういった不安というものは軽減されていきます。

これを見てやりたいと思ったなら、給与所得だけでは不安だと思ったあなたは、やりたいと思った時に今すぐやる事を実践してみてください。

自分がやりたいなと思った事をやらなかったら、後悔します。


よくある事です。例えば昔を思えばもっと勉強しておけばよかったな、スポーツを頑張っておけば良かったな、など思います。

今あなたの残りの人生で一番若いのは今日です。今です!
一番若い今やらないで、ずっと後悔するのは良くない事です。

 

手続きすれば役所で貰えるお金の種類について

 

手続きすれば役所で貰えるお金がありますが、手続きしていない人も多いみたいです。
知らないと損ですよね。

役所で貰えるお金保険

出産育児一時金

1児につき42万円
社会保険(健康保険)加入者
国民健康保険加入者
※夫と妻、両方の保険に一時金を請求できる時は片方ひとつのみ。

出産手当金

1日あたりの支給額
支給開始日以前12か月間の標準報酬月額を平均した額×2÷3
出産を含む産前42日間と出産後56日までの間に会社を休んだ被保険者。

人間ドック助成金

受信病院の指定が自治体によりある事もありますが2万円程助成金がでます。

高額療養費制度♦病気やケガで入院をすると、医療費が高額になることがあります。
その際に医療費の負担を軽減できる制度です。
1カ月の医療費が一定額を超えた場合、その金額が払い戻されます。

UJIターン支援地方へ移住する人が数十万~150万円程度もらえます。

例えば北海道沼田町であれば町内に土地を購入して1年以内に住宅を新築した場合、
150万円(町内業者施工)または80万円(町外業者施工)の補助金がでます。
申請先は市区町村になります。

まとめ

いかがでしたか。皆さん意外と知らない制度もあったかと思います。
出産を控えてる人は周りから聞かされたりで申請できてるとは思いますが、現実は数割の人が申請してないそうです。

知るという事で儲かるのではなく当たり前の権利です。