スキャルピングとは

 

超短期に稼ぐならスキャルピング

 

私がおすすめする超短期手法(スキャルピング)をご紹介!
超短期手法(スキャルピング)

 

スキャルピングとは
「スキャルピングトレード」の略。
「トレードスタイル」と呼ばれる取引方法の1種です。

 

もっと具体的に言うなら「短期間に何度も細かくトレードを行う」というもの。
どのトレードよりも圧倒的な取引回数を誇ります。
また、小さな利益をコツコツと積み重ねるように利益を伸ばしていきます。

基本的には少額ずつで、数pipsの利益を狙うため利確も損切も早い取引◎
具体的には「数秒~数分」といった短い期間で注文と決済を行います。

トレードを行う回数や時間帯は人によってばらつきがありますが、平均注文回数は1日10~100回ほど。
他の取引では2~3回であったりするため、かなり多いことが分かりますよね。

他のトレードスタイルでは、数時間から1日・数週間から数か月といったスパンで取引を行いますので、まずは取引に割ける時間などを考え自身にあった取引をするよう心がけましょう。

 

 

おさえてほしいポイント!

 


✓ スキャルピングは極端に短い期間でのトレード
✓ コツコツとした作業が得意な人におすすめ

コツコツとした作業が得意な人におすすめ

 

 

スキャルピングならではの特徴

 

利益損失ともに小さい

 

スキャルピングでは短期間に何度もトレードを行います。

そのため、1回1回の利益や損失が大きいと管理しきれなくなることも。

また、短期間だからこそほんの一瞬の相場変動で資金をすぐ溶かしてしまう可能性があります。
だから「利益損失ともに小さくする」というのが一般的なわけです。

スキャルピングならではの特徴

具体的には「1~10pips程度」の価格変動で決済。
そのため、もし大きく利益を取りたいのであれば、スキャルピングはおすすめしません。。

ただ、取引回数が多い分経験を積みやすく、トレーダーとして上手くいくまでに時間がかからないのも特徴。

 

  ゆっくり稼いでいきたい方にぴったりの取引です。

逆に最短で稼いでいきたいなら、デイトレード・スイングトレードといった中長期的なトレードがおすすめですよ。

 

ポイントは稼ぎ方ではなく、自分に合っているかという部分なので、焦らず少しずつ探っていきましょう。

 

おさえてほしいポイント!

 


✓ スキャルピングトレードは、1~10pips程度の価格変動で決済する
✓ 経験をいち早く積むならスキャルピングトレードはおすすめ

経験をいち早く積むならスキャルピングトレードはおすすめ

 

 

スキャルピングならではの特徴②

 

今から紹介する特徴は聞くと「当たり前だよね。」となりますが、意外と見落としがちなもの。

それは取引が短時間ということは、裏を返せば「短時間に正確な分析をする必要がある」ということ。
つまり、スキャルピングでの成功には、ある程度の慣れと経験が必要なわけです。

スキャルピングならではの特徴2
一瞬で相場を判断できるようになるには

チャートパターンを覚える
相場の方向性をある程度つかめる

といった技術が必要◎

方向性を掴むには、分析手法やローソク足についての基礎を知る必要がでてきます。
取引しながらコツをつかんでいきましょう。

投資は稼げるまでにある程度時間がかかるもの。
なので、焦らずやっていきましょう。

スキャルピングの負け筋は稼ぎたい気持ちによる欲と焦りが大半。

 

 焦りは目を曇らせる上、スキャルピングは取引回数が多いこともあって、ギャンブル的思考にハマりやすくなるので気をつけてください。

 

おさえてほしいポイント!

 


✓ スキャルピングには、短期間での正確な分析が必要となる
✓ スキャルピングの負け筋は、欲と焦りであることが多い
✓ 取引回数が多い分、スキャルピングはギャンブル思考にならないよう注意
スキャルピングには、短期間での正確な分析が必要となる

 

 

スキャルピングの注意点

 

スキャルピングの注意点は主に3つ。

スプレッド差が大きな損失を生むこと
スリッページが起きやすいこと
会社によっては禁止されていること

スキャルピングの注意点は主に3つ。

 

スプレッド差が大きな損失を生む

 

スプレッドとは「通貨の売値と買値の差」であり、短期間に何度も取引を行うスキャルピングでは「ちりも積もれば。。」といった風にスプレッドが莫大な損失になることも。

 

 スキャルピングの1取引当たりの利益は小さいので手数料負けしないよう注意しましょう。

 

 

スリッページ

 

スリッページについては、短時間取引ゆえにサーバーに負荷をかけることが原因。

 

スキャルピングでの小さなずれは命取りなので、通信環境に注意しましょう。

 

会社によって禁止されている理由

 

これは単純に、サーバー負荷が大きくなり他のユーザーに迷惑をかける恐れがあるから。
サーバーを落とすわけにいかないので、禁止されているわけです。

一般的に「短期間での連続注文禁止」という文言で禁止されていますが、スキャルピングと書いていないから、と思わないようにしましょう。

 

おさえてほしいポイント!

 


✓ スプレッド差が大きな損失を生むこと
✓ スリッページが起きやすいこと
✓ 会社によっては禁止されていること
スプレッド差が大きな損失を生むこと

 

おすすめの記事